風の中で生まれた小さな風

色々な写真、そして「ありのままの自分」をテーマとした日記をのんびり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
小説んん
最近雨が多いな~。
今は止んでるけども。

コンビニに買い物行った帰りに、いい感じの画が撮れそうだったんだけど
カメラ持ってきてなくて結局取り逃がしてしまった。。
やっぱり、カメラは常時携帯しとかんとあかんな~・・と思った瞬間_| ̄|○

2ヶ月ちょっと前から、携帯でFF7の同人ノベライズを読んでたんだけど、
今日の朝、やっと読み終わった。
すんごい長かった・・。
でも面白かった。
文法や語句の使い方等、本業みたいにちゃんとしていたから(俺はそう思った)、
楽しめた上に、色々と勉強も出来たと思う。
論文とかで役立つと・・・すごく嬉しいんだけどなー・・w
でもこの日記は・・文法とかめちゃくちゃ;
思い立ったことをそのまま書いていってるし(;´Д`)

やっぱり、小説とか本ってちゃんと読まないとダメだね~。
よく、「本を読め」と言うけど、その通りだと思う。
今まで、小説をきちんと読んだことなんてあまり無かったもんな。。
10冊にも満たないかも。
読み出したら止まらなくなるんだけど^^;
このノベライズを省いて、最後に読んだのは・・・1年以上2年未満前かな。
『"It"それと呼ばれた子』ってやつ。
どこにでもあるような幸せな家庭、母親もその一人だったはずなのに、
ある日突然、母の調子が変わり始め、わが子、しかも兄弟の中で一人の子だけを虐待し始める。
最初は怒鳴ったりだけだったのが、だんだんとエスカレートしていく。
そして、そこからどう立ち直り、新たな人生を歩んでいったか、これを3巻でまとめている。
すごく簡単にまとめてしまったけど・・
その虐待を受けていた子が、著者なんだ。
彼が語る、壮絶な実体験をノンフィクションで書き記している小説。
なんていうか、色々と考えさせられる小説だったなぁ。

今虐待してしまっている方がこの本を読めば、何かを変えるきっかけになると思った。
逆に虐待していない人も、ほんの少しでも何かを得ることが出来ると思う。。

いや、べつに勧めてるわけじゃいないけどね。。^^;
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。