風の中で生まれた小さな風

色々な写真、そして「ありのままの自分」をテーマとした日記をのんびり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
親子②
――たったひとつのたからもの
PENTAX ist DL2 + SIGMA 70-300mm DG MACRO

ありがとう

キミがいる この瞬間

その瞬間 あの瞬間に

感謝します

PENTAX ist DL2 + SIGMA 70-300mm DG MACRO 補正あり




PENTAX ist DL2 + SIGMA 70-300mm DG MACRO




 
[親子②]の続きを読む
スポンサーサイト
旅立ち
ました。
ワンコが。
一昨日の夜中、、8月31日午前3時14分
病院で、獣医さんに見守られながら息を引きとった。
11歳と11ヶ月でした。

病院に行ってから、日を追うごとに容態は悪化の一途をたどっていた。
翌日は、俺が散歩に連れて行った。
バウ自身も先が長くないことを分かっていたのかな、
最近は実家のマンションの前にある公園の入り口付近で散歩したら帰ろうとしていたのに
その日は遠くへ行こうとしていた。
体のことが心配だったから、公園を1週させて帰ったけど。

次の日、俺が夜遅くに帰宅すると、バウはずっと寝たままだった。
寝たまま俺を見ていた。

さらに日が明け、仕事から帰ると、バウは入院していた。

そして日が変わり、病院の中で亡くなった。

・・夢の中、バウが出てきた。どんな夢だったか覚えてないけど。

一夜が明けて、出勤中に親からメールが入り、知らせを受けた。
メールが鳴った時点で、そんな気がしていた。
兄貴と親がバウを連れて保健所に行くがてら、会社に寄ってもらって、
最期の別れをした。

最期までバウの毛並みは綺麗だった。



バウちゃんは幸せでした。゚oヽ(。´ェ`)ノo゚。
家族全員が口をそろえて言います。
そして、家族以外の人からもよく言われていました。


昨日の夜、家族で飲みにいった。
そこで色々とバウの思い出話しをした。

さびしがりやで、甘えたで、あかんたれで、いつまでも子供だったバウちゃんは
俺ら家族が居るから無理をして、逝けなかったんだと言っていた。
だから入院させたことは彼にとってよかったんだと。


バウちゃん・・・ありがとう*゜。(゚´д`゚)。゚*
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。