風の中で生まれた小さな風

色々な写真、そして「ありのままの自分」をテーマとした日記をのんびり更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
コラボ作品 No.3 『外野』
――外野
窓

聴こえるだろうか。
あの空が燃えるのが。
僕は、何も聴こえない。
ここから動けない…。



きっと、広いのだろう。
あの大空は
きっと、美しいのだろう。
夕日と混ざる空は・・・。





けれど、僕は
この部屋からの空しか見れない。
思い浮かべることしか
できないんだ。
朝の空もなにもかもを。




響いているかい。
小鳥たちの鳴き声が。
僕は、何もできやしない。
外を出ようとしない。


いつか、窓を開けれるだろうか。
あの夕空を身体いっぱいに
浴びることはできるだろうか。




いつまで僕は、この部屋からの
空から出られるのか。
心じゃ、いつも分かっていた。
―外に出たい―
大空を胸いっぱい見たい・・・。




僕は知りたいんだ。
この世界を。
きっと、求めてるのだろう。
この世はすばらしいのだろうから。





いつか絶対に、
この夕焼けを、
外へ出て感じたい。
風が雲を動かして
僕を迎えてくれる。
僕は、「未来」を思う。



この窓の向こう側へ・・・。





(詩:ミナゴロ@黄羅
[コラボ作品 No.3 『外野』]の続きを読む
スポンサーサイト
はははhgfbk
もだめだ
俺、\(^o^)/オワタ
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。